女性向けの着エロやゲイといったアダルト動画がオススメです。

スマホを使用しているセクシーな女性

using smartphones

動画の平均相場

有名なアダルト女優の動画を見てみたいけど、いったいいくらぐらいかかるんだろうと悩む人とかもいますよね。そんな人のために動画の平均相場といった事柄についてまとめてみました。

girl sexy and smart phone

着エロの表現方法

露出はギリギリ。カラミはなし。そんな制約のもとに存在する着エロという分野が人気を呼んでいるのは、さまざまなアイテムを駆使したクリエイティブなエロ表現がたくさんあるからです。どんな表現が行われているのでしょうか?

girls are happy to hear phone

日常をこわして

夢みることは許されるけど、現実には許されないことがあります。女性が胸の奥にしまうエロ妄想もそのひとつ。でも、女性向けのアダルト動画なら、そんな禁断の状況もまるで自分が体験しているような気分にさせてくれます。

girl calling

特徴って一体ナニ?

クンニ動画の特徴として挙げられるのが、女性が本気で感じている姿を見られる、という点です。男性とは違い女性は膣の内外と、体質によって感じる箇所が異なるため、男優との相性が悪ければ演技をしながら撮影を行っている場合も少なくありません。しかし、クンニシーンにおいては、膣の隅々まで愛撫を行うため、本気で悶える女性の姿を楽しめると言えます。最近ではオムニバス物として、複数の女優が出演するクンニ動画も販売されていますが、値段は他の動画よりも安く購入できるのが特徴です。しかし、値段が下がっているからといって内容が薄いわけではありません。短い時間でも集中して興奮度を高めたい、そんな人にとってはクンニ動画が最適ではないでしょうか。

アダルトビデオというと、これまではカラミのシーンがメインとなり、前戯などは短縮して撮影する、というのが主流でした。どんな体位で撮影すべきか、またシチュエーションはどういったものが興奮するのか、など制作者側の気持ちが強く打ち出されていた格好になります。しかし、現在では動画を視聴する側の考えを主に置き、カラミの前の段階にも多くの時間を取った作品が増えています。特にフェラチオやクンニをメインで行っている作品も多く、途中まで緊張していた女優の姿が変わっていく様に興奮する方も少なくありません。今では総集編として、幅広い年齢層の女優をまとめた作品も販売されており、前戯マニアの男性からは猛烈な人気を博しています。

映像の技術

無料でエロ画像を見たり、エロ動画を見て何やかやをしている男性は多いですが、ここではエロを映像で表現するということについて、見てみましょう。
どういうことかというと、最近の、特にエロ動画の技術の進歩には目覚ましいものがあるからです。

例えば、エロ動画のジャンルには「2次元」と「3次元」があります。アニメか実写化という違いのことを言うわけですが、そもそも実写映像やアニメ映像が技術として誕生した頃から、映像というメディアはエロに捧げられてきたものでした。
まだテレビもネットもなかった、それどころか映画に音も色もついておらず、映写機も「手回し機」出会った頃から、エロ映画というものは存在していたのです。
日本が「開国」した頃、どこかの侍が外国の人にそれを見せられて驚愕したという歴史も残っています。

その頃から数えて100年以上、今やパソコンを開けばエロ画像やエロ動画を無料で見ることが出来る時代、新しい映像技術がエロ動画には導入されています。
アニメ作品には従来の平板なセル画作品だけでなく、コンピュータ・グラフィックスを使って描かれた3D動画もあります。
3Dと言えば、実写のアダルトビデオにもメガネを掛ければ画面から飛び出して見える3D作品も登場してきています。
おそらくいつかは、パソコンの前でメガネを掛ければ、飛び出してくるおっぱいや何かを拝むことも出来るようになるのでしょう。